素行調査 電話

電話による素行調査はある程度、簡易的な質問のみ

素行調査について

 

電話による素行調査の内容とはどんなものでしょうか。

 

現在では興信所や探偵事務所が多くあり、企業が採用決定者の身辺を調査する際や婚約者が相手の生活状況を調査するときなど幅広く素行調査が行われています。

 

その調査方法として頻繁に行われているのが電話調査で、興信所の職員が直接調査対象者や身近な者に電話をかけて事実を調べる方法です。

 

この時聞かれる内容は様々ですが、主に住所や氏名、現在の職業や勤務態度などを尋ねることが多いです。

 

この時興信所は自らの素性について正直に言うことはなく、多くは役所の人間や宅配業者、弁護士など役職を語って聞き出そうとしてきます。

 

ただし、電話による素行調査はある程度聞けることは限られていますので、さほど調査内容としては浅い部類に入るでしょう。

 

興信所に素行調査を依頼すする費用についてです。

 

興信所が素行調査の依頼を受ける際に請求する料金は難易度や調査項目にもよりけりですが1案件5万円程度かかります。

 

さらに調査のために出張を行った場合には出張費が追加されますし、特別な機械を設置し後で撤去したというときには設置費用や撤去費用も追加で請求されたりと、依頼内容によっては追加料金がかかることもあります。。

 

日数を増やせばその分追加で費用が掛かることになりますので、依頼する前に見積もりを取っておくことが重要なのは当然ですが、追加料金の有無についてもあらかじめ聞いておきましょう。

 

興信所によっては追加料金が一切かからないところもありますし、着手金のみであとは成功報酬制の料金体系をとっている興信所もあります。

 

事前にネットなどで情報を収集してから見積もりを複数の興信所からとるのがおすすめです。

 

信頼できる探偵・興信所

 

今でも企業などで素行調査は行われている

素行調査について

 

企業が素行調査を行う理由と必要な手続とは何があるでしょうか?

 

今でも金融系の企業などは新入社員の採用を決定する場合は素行調査(身辺調査)を行います。

 

その理由は新入社員の履歴書に記載されている事実が真実と異ならないかを調べたり、前科や犯罪歴などを隠している事実がないかを調査することです。

 

企業によっては採用後の会社を巻き込むトラブルを避けるために、親族についても調査するところがあります。

 

通常の会社であれば調査を行う際には本人の同意を得てから行いますが、まれに本人の同意を得る前に調査を行う場合があります。

 

そのような会社は現在の法律に違反することになりますので注意が必要です。

 

会社が素行調査を行う範囲とはどのくらいなのでしょうか。

 

会社は採用決定者の履歴書が真実かどうかを確かめるために、まず実家と昔の職場に連絡を行います。

 

そこでは前職の所属機関や職務内容、勤務態度など細かく聞かれることもあります。

 

ただ退職者の個人情報をどこまで教えるかについては、本人の同意があるとしても会社のコンプライアンス上の取り決めに則って行われるため、必ずしも質問にすべてこたえるわけではありません。

 

質問の内容には尋ねられると不快な内容のものもあり、たとえば3親等内の親族の犯罪歴の有無まで質問してくることもあります。

 

この質問には家族や親族は真実をこたえる義務はなく、虚偽の事実を言ったとしても知らなかったで済みますので、調査があると分かった時には家族にその旨を伝えておくのがいいです。