素行調査 依頼

浮気調査の次に増えているのが結婚前の信用調査

素行調査は探偵や興信所へ依頼する

 

素行調査を探偵や興信所へ依頼するタイミングは様々ですが、中でも一番多いタイミングは結婚をする時です。

 

より詳細に述べると婚約したタイミングになります。

 

単純に結婚相手の過去を調べたいであるとか、借金や滞納などお金のトラブルを抱えた経験がないかであるとか、人によって調べる理由は様々です。

 

依頼相手も様々で、婚約者が調べたりその親族が素行調査を依頼することが多いです。

 

 

これから一緒に生活をしていくことになるので、色々と確認をしたいと思う人が世の中にはたくさんいます。

 

中には調査内容の結果次第で、その結婚をなかったことにしてしまう人たちもいます。極端な話だと思われますが、現実には少しだけ借金があるからといって、破談にしてしまう人もいます。

 

 

なお、結婚前の素行調査(結婚信用調査)を興信所や探偵事務所に頼んだ場合、その費用は30万円から40万円になります。

 

少し高いと感じるかもしれませんが、借金の有無や犯罪歴、職場での評判、過去の恋愛歴などほとんどの情報を調査することができます。

 

料金はかかりますが、それだけ調査には手間と時間がかかるということです。

 

普段何気なく付き合っている婚約者であっても、過去に何か問題を抱えていた可能性もあります。その辺りをはっきりさせるために、結婚前の素行調査を頼むと良いでしょう。

 

信頼できる探偵・興信所

 

事前の情報が多ければ多いほど調査がやりやすくなる

素行調査は探偵や興信所へ依頼する

 

素行調査を依頼する前にやっておくべきこととはどんなことでしょうか。

 

素行調査を依頼しようと決めたならば、事前準備として 依頼前に対象者のについての情報をできるだけ詳しく調べてから提供・相談することが重要です。

 

配偶者の浮気調査などの場合は、配偶者との普段の会話などを記録したものもあるとよいでしょう。

 

ただし、普段の行動などを調べることが大切ですので、対象者に違和感を感じさせない範囲で行うように気をつけましょう。

 

 

また、依頼する側として身分証などを提示することになりますし、依頼対象者の写真も複数用意しておきましょう。

 

依頼する先とどのような契約をして、費用はいくらかかるのかといった確認も予め調べてるなどするのも事前の準備として重要です。

 

 

具体的にどんな情報を伝えればよいかということですが、事前に調べて伝えておくとよい内容としては、対象者の名前や職業、住まいや車、普段の行動範囲や人間関係などがあると良いでしょう。

 

ただ、全てが必ずしも必要というわけではありませんので、実際に依頼するときに必要かどうか相談してみましょう。

 

同じ素行調査でも、対象者や目的によって必要な情報が違ってくるためです。

 

情報はできるだけ多ければ多いほど調査する側も仕事がしやすくなります。

 

スムーズに依頼が完了しない状況となると調査が長期間になってしまい費用がかさんでしまう可能性もあります。

 

逆に事前に情報がたくさんあればあるほど、絞り込んだ調査ができるので費用を抑えることができます。

 

信頼できる探偵・興信所