素行調査 婚約者

一通りの調査項目で約30万円程度が費用相場

婚約者の素行調査

 

婚約者の素行調査(結婚前信用調査、身元調査)にかかるおおよその費用は30万円程度と言われています。

 

調査内容は借金調査や職場やプライベートの人間関係、その他にも犯罪歴や婚約者の家系などなどかなりの内容を調査することができます。

 

ただし、簡易的な情報のみを知りたい場合は(借金の有無のみ知りたい)、費用は30万円もかからずに10万円などで収まるケースもあります。

 

 

お互いに惹かれあい、愛を育んできた先に自然に意識する”結婚”の二文字。

 

ところが、結婚してみたら変わってしまった…なんていう話しは誰でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

やはり寝食を共にすると、今まで見えなかった生活習慣や価値観の違いに気付くこともあると思います。

 

そこで婚約者について素行調査の依頼、いわゆる身辺を調べるという方も少なくないようです。

 

婚約者を信頼していないようで気が引ける方もいらっしゃると思いますが、結婚とは多くが一生に一度の非常に大事な決断。

 

同じく一生に一度の大事な決断としてマイホームの購入を想像していただければ、やはり事前調査や納得いくまで検討するのではないでしょうか。

 

第三者の視点を借りるというカタチで依頼するのは決して悪い行為ではありません。

 

この素行調査で主にわかることは世帯状況、婚姻履歴、職歴、金銭感覚、人間性、交友関係などです。

 

費用については内容や調査会社によって異なりますが、最低でも15万円以上はかかりますし平均的には30万円程度が費用相場です。

 

調べる内容が詳細になるほどもっと高額になります。

 

調査時はもちろん婚約者、周りで関わる方には知らないよう、細心の注意をはらい行われますので安心できます。

 

これですべてを知ることができるわけではありませんが、結婚する前に相手の事を見つめなおしすいい機会になるでしょう。

 

婚約者の素行調査を自分でやるには限界がある。

婚約者の素行調査

 

婚約者の素行調査を独力で行うメリットとは何でしょうか?

 

素行調査は興信所や探偵事務所が行うのが普通ですが、独力でこれを行ってはいけないという法律はありませんので、法律の範囲内で自由に行うことができます。

 

もちろん犯罪行為をできるわけではないので、適法な範囲で調査を行うことになります。

 

独力で調査を行うメリットはまずお金がかからないことです。

 

興信所に依頼すると安くても数万円程度の費用が掛かりますし、本格的に調査を行うとすれば数十万円単位で費用がかかります。

 

ほかにも独力での調査がばれたとしても言い訳が聞くということがあります。

 

同じ家に住んでいるのですから、お互いのプライバシーを詮索するような行為を行ったとしても不自然な行為ではありませんので、探偵に依頼したことが万が一バレるよりも非難もされにくいです。

 

ただし自分で素行調査を行う場合注意点はあります。

 

おそらくは自分で婚約者の素行調査をしても知ることのできる事実は微々たるものでしょう。

 

要するに妻が旦那の浮気調査を自分でするようなもので、携帯を調べたり、GPSで調査するくらいのレベルしかできないでしょう。

 

プライベートの人間関係や浮気の有無を調べる程度であれば、それなりに調査も自分で出来るかもしれないですが、借金の有無を知りたい場合や犯罪歴、婚約者の家系の問題などまで知りたいという場合は個人の力では不可能です。

 

調査の内容によっては結婚前の婚約者の素行調査は探偵に依頼するしか方法はないでしょう。

 

信頼できる探偵・興信所